機能炭について

機能炭とは

  • 機能炭は、一価の陰イオンを選択的に吸着できる炭化物系の吸着材です。
    二価、三価はほとんど吸着しないため、
    効率的に一価の陰イオンを処理できます。

    コーヒーカスを原料としており、
    バイオマスの有効利用にもなります。


吸着対象

硝酸イオン(NO3-)、亜硝酸イオン(NO2-)、フッ素イオン(F-)などの1価のアニオンを吸着可能です。

特徴

吸着は物理吸着ではなく、塩化物イオンとのイオン交換により吸着します。
混在する二価、三価の陰イオンの影響をほとんど受けません。
また、コーヒーカスを主原料としており、レアメタルやレアアースを一切使用していないため、
供給不安もないうえに、バイオマスの有効利用にも一役買います。

吸着特性

水酸化物イオン置換機能炭

従来の機能炭は塩化物イオンとのイオン交換でしたが、塩化物イオンでは不都合が生じるお客様に向けて
新たに水酸化物イオンとのイオン交換によって吸着する機能炭を開発しました。

機能炭使用例

藻類発生抑制効果


機能炭が藻類の栄養である窒素を吸着除去することで、藻類が抑制されるため、長期にわたり透明感を保持することが可能です。

機能炭を使用した浄化システムは現在、大成建設株式会社様で販売しております。
 詳しくはこちら ⇒ http://www.taisei.co.jp/MungoBlobs/188/205/K00D76.pdf

緩効性肥料効果

硝酸性窒素を吸着した機能炭は、土に混ぜるだけで植物が効率よく利用できる
緩効性肥料として使用することが可能です。

工場排水からのフッ素除去

通常2段処理が必要なところを1段処理だけで8mg/L以下にできます。

機能炭によるフッ素吸着材は現在、日本パーカライジング株式会社様で販売しております。
 詳しくはこちら ⇒ http://www.parker.co.jp/business/product/others_bonder.html

地下水のフッ素除去

従来使用していた骨炭の代替品として利用可能。
ただし、機能炭はpH依存性があるため、処理したい水に適用可能かを判断。

まずはお問い合わせください。
 ⇒ http://www.nisshoku-group.co.jp/kinoutan/contact.html

機能炭まとめ

● 廃棄物として処理されるコーヒーカスを原料とした今までにない吸着材
 ⇒ バイオマスの有効利用

● 炭化による炭素固定でCO2の排出を抑制
 ⇒ 地球温暖化抑制に貢献

● 今まで処理しにくかった汚染物質を簡易かつ安価に処理可能
 ⇒ 地球環境浄化

機能炭は地球環境にとことんやさしい製品です

発表一覧

論文発表
1.Caを含有させた木質系廃棄物由来炭化物材料の作製と塩化水素ガス吸収特性
 粉体および粉末冶金54(2007)

2.Caを含有させた木質系廃棄物由来炭化物材料の硝酸性窒素吸着特性
 粉体および粉末冶金55(2008)

3.Caを導入した木質炭化物による硝酸性窒素吸着特性
 日本水環境学会誌311(2008)

4.Nitrate nitrogen adsorption of the functional charcoal prepared from vegetable waste
 International Symposium on EcoTopia Science 2007

5.Anion-excahnge property of the functional charcoal prepared from plant waste
 Interfaces Against Pollution 2008

学会発表
2015年3月    日本水環境学会 第49回日本水環境学会年会
         「都市部ビオトープ池の水質保全に対するカルシウム担持炭化物の効果」

2015年3月    日本水環境学会 第49回日本水環境学会年会
         「硝酸性窒素吸着材を用いた養液栽培排水処理」

2014年11月    アーバンインフラ・テクノロジー推進会議第26回技術研究発表会
         「都市部における生態系に配慮した水辺創出に寄与する水質保全システムの開発」

社外表彰
第10回 エコプロダクツ大賞 エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)

平成26年度 『第34回エンジニアリング功労賞』<グループ表彰>環境貢献

平成27年度 『資源循環技術・システム表彰』奨励賞